So-net無料ブログ作成
DVD&映画 ブログトップ

サム・ライミの「スパイダーマン」を観た [DVD&映画]

 私は、映画をWOWOWで観ることがほとんどです。
 今回は、一挙放送していた「スパーダーマン」を観ました。
 2002年公開の映画なのですねー。
 
 正直、マーベルの”苦悩するヒーロー”的な話は、ちょっと苦手というか、
お腹いっぱいな感じなのですが、監督がサム・ライミなので期待できる
かな?と。

 私のような、おっさんには、サム・ライミというと、カルトホラー映画
「死霊のはらわた」の監督として記憶されています。
 ホラー映画が、苦手な私でも、面白く観れて、ディスクも所有していますよ。

 そんな、サム・ライミの「スパイダーマン」は、どんなものかと思いましたが、
いや、普通に良質な娯楽作ですね。
 好みからいうと、ヒロインに共感が持てないとか、いろいろありますが、難しい
ことを、考えずに楽しめる、いい映画です。

 2作目、3作目も録画したので、暇をみて、視聴しよう。
 そして、面白かったら、ディスクを購入しようかと思います。
 古い人間なもので、好きな作品は、データやストリーミングではなく、手元に
実物のディスクがないと、落ち着かないのです。


スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]

スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

クリストファー・ノーランの映画「ダンケルク」を観た [DVD&映画]

 ひさびさに映画を見ました。
 と言っても、映画館ではありません、WOWOWを録画したものです。
 WOWOWも、アナログの頃から契約しているけど、映画だけではなく、
スポーツや音楽のライブ放送もあって、なかなか頑張ってます。

 で、観たのが、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」
 公開当初は、YouTubeで、予告編が流れていましたね。
 
 なかなか、面白そうなので、期待していましたが、公開が終わって、ディスク
が販売されると、Amazonのレビューで酷評の嵐でした。
 必ずしも、レビューが正しいわけでもなく、参考程度でしかありませんが、
それにしても、評判が悪い。

 個人的にはイマイチだった、ブラピのフューリー より評価が低くて、いろいろ
問題がありそう。
 なので、ディスク購入は、とりあえず見送りWOWOWでの放送を待つことに
しました。

 で、今日、観てみたのですが、なんか微妙な作品でした。
 別々の場所で展開する3つのストーリーが、最後に収束するという構成は、
まあいいとして、そのエピソードが必要か?とか、わざと時間軸をずらす
編集は余分じゃないかとか、ツッコミたくなります。

 史実では33万人が撤退したのですが、ストーリーのほとんどが、一つの桟橋
で展開されるので、スケールが、小さく見えます。

 映画自体は、独特の緊張感や展開が早くて、一気に観られますが、何かが
足りない、不完全燃焼な感じ。
 あまり、オススメはできません。

 それにしても、戦争映画は、人が死ぬ。
 それも、簡単に死んでしまう。
 ガスガンや電動ガンを持っていたり、飛行機や戦車も好きな、マイルド
ミリタリーオタクですが、実際の戦争は、残酷なものですね。


ダンケルク [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ダンケルク [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


オススメはしなけど、リンクは張っておきます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Amazon Prime Videoで「トラック野郎 御意見無用」を観た [DVD&映画]

 「トラック野郎」シリーズは、言わずと知れた、菅原文太主演で、
愛川欽也も出ている映画。
 電飾などで飾った、派手な”デコトラ”といわれるトラックで、運転手
が、全国を走りまくります。

 75年に、1作目が公開され、その後シリーズ化して全10作がつくられ
ました。
 カーチェイスあり、ケンカあり、ライバルとの勝負あり、お色気あり、
マドンナも出てくる娯楽映画。

 あまりも有名な映画ですが、何分古い映画なので、観たことがなかっ
たです。
 今回は、Amazon Prime Videoで、1作目の”御意見無用”を観ました。
 展開が早くて、難しいことは一切なしで、楽しめる映画で、面白かった。

 でも、まあ、昔ののんびりした時代だったから、できた映画です。
 今だったら、交通規則を守らずに公道を爆走する描写や、警察を悪役の
ように扱う演出など、無理ですよね。

 Amazon Prime Videoで、昔の映画もたくさん観られるので、お得です。

トラック野郎 御意見無用 [DVD]

トラック野郎 御意見無用 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ポプテピピック第8話のネタ元「仁義なき戦い」を観た [DVD&映画]

 ポプテピピックの第8話の元ネタになっている、実録やくざ物の
「仁義なき戦い」は、大変有名な映画ですが、逆に有名すぎて、今
まで、観たことがなかったです。

 実録やくざ物というジャンルも、昔流行った映画で、なんだか
縁遠い感じがしていました。
 何気なく、Amazonを検索すると、プライムビデオで無料で視聴す
ることができるので、この機会に観てみました。

 感想は、単純に面白かった。
 98分という尺の短さと、次から次へとストーリーが展開するので、
中だるみなく、あっという間に終わったという感じです。

 そして、出演している俳優が若い。
 菅原文太、松方弘樹、梅宮辰夫など、自分が物心ついた頃には
大御所になっていた役者さんの、若い時の姿がみられたのは、新鮮
でした。

 実録物とのことで、こんな抗争が、実際に起こっていた時代が、
あったことは驚きです。
 荒れた時代だったのですねー。

 ポプテピピックのファンは、パロった場面やセリフを確認しなが
ら観るのも、一つの楽しみ方ですね。

 プライムビデオで、まだまだたくさんの古い邦画がみられるので、
時間がある時に、みていこうと思いますよ。

仁義なき戦い [DVD]

仁義なき戦い [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


DVDのリンクを貼っておきます
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士」を観た [DVD&映画]

 ひさぶりに映画を見ました。
 ミリタリーに興味がるのと、最近のこの手の映画は、複雑な
国際政治も関係しているので、勉強にもなります。

 この映画は、カダフィ政権崩壊後の混沌としたリビアが舞台。
 実際に起きた、アメリカ大使館襲撃事件が題材で、主人公は
CIAに警備兵として雇われた、6人の元軍人です。

 アメリカが、他国に政治的、軍事的に干渉することの是非は
ともかく、実際にその最前線で活動する人は大変だなと感じま
した。

 この事件で、アメリカ人にも死傷者が出ますが、それ以上に
敵対するリビア民兵にも多く死者が出ます。
 かえって、報復の連鎖を生み出しているだけじゃないかな。

 映画としては、息を持つかせぬ展開が、次々に起こって
最後まで気の抜けない、テンションの高い作品でした。
 さすがは、マイケル・ベイ監督。

 印象に残ったのは、練度の高いアメリカ兵の戦闘力の高さ
と、 ロケットランチャーのRGBの威力の強さ。

 死に人が出るのはこのジャンルの宿命ですが、それに耐え
られる人には、なかなか面白くオススメです。


13時間 ベンガジの秘密の兵士 [Blu-ray]

13時間 ベンガジの秘密の兵士 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「オデッセイ」を観た [DVD&映画]

 今年は、火星の大接近があります。
だからというわけでもありませんが、火星を題材にした映画を観てみました。

 「オデッセイ」は、火星に取り残された宇宙飛行士が、様々な知識を利用して、
サバイブするという内容。
 監督は巨匠リドリー・スコット、主演はマット・デイモン。
リドリー・スコット監督は大好きです。 
 古い映画ですが「ブレードランナー」 は印象深かった。

 さて、この映画のリアリティーがどうとかは、おいておくとして、観て印象に
残ったのは、エリートの中から選ばれて、厳しく訓練された宇宙飛行士の危機
対応能力の高さ。
 映画の「アポロ13 」「ゼロ・グラビティ」 でも同じようなことを感じましたが、
宇宙飛行士ってスーパーマンですよ。
 そんな、宇宙飛行士に対するリスペクトがあります。

 あと、ダクトテープ最強!
アメリカ人はダクトテープが大好きで、なんでもダクトテープで直してしまいますが、
火星でも大活躍!
 一般家庭にも常備必須ですよね。 
  
 そして、蛇足ながら、ストーリーに政治的な配慮みたいなものを感じます。
助けを求める国は、そこじゃないだろーって。
ロシアとナチスは永遠にアメリカの敵なのでしょうか?

 次から次へとアクションが起こり、飽きずに楽しく観られました。
良作です。


オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「アメリカンスナイパー」を見た [DVD&映画]

 「アメリカンスナイパー」は、イラク戦争で活躍した、実在するスナイパーが主人公で、話題にもなりました。 スナイパー好きな私には、見逃せない映画です。 でも、熱心な映画ファンではないので、かなり前にwowowで放送されたのを録画して見ましたよ。

 主人公のクリス・カイルは、イラク戦争に4度派遣され、スナイパーとして敵を160人以上射殺したそうです。 その功績で、英雄として表彰もされました。 なんか、「一人殺せば殺人だが、百人殺せば英雄だ」なんて言葉が、不謹慎にも浮かんでしまいます。

 この映画は、英雄としての活躍よりも、武器を持って殺しあうということの残酷さ、戦争の厳しい現実を思い知らされるものとなっています。
 戦場では、多くの仲間が死に、生き残っても、手足を失ったり、心に傷を負って帰国します。 主人公も、イラクへの派遣を繰り返すごとに、怒りの感情が抑えられなくなったり、とっさに暴力的な行動をとりそうになったりして、最愛の家族からも心が離れそうになる。 重い内容です。

 そんな映画ですが、単純に、戦争アクション映画としての面白さも保っていますよ。
 映画では、語り尽くされていない事も多いと思うので、原作本も読んでみようかな。

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



タグ:スナイパー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アンビル 夢を諦めきれない男たち」 [DVD&映画]

 話題になっていたこの映画だが、上映していた映画館が少なくて見逃してしまった。 そんなわけで、このDVDの発売には期待していたのだ。 初回生産限定版をamazonで購入。
 私が十代の頃は、ヘビーメタルが大人気で、私も専門誌の”BURRN”を毎月購入していた。 が、アンビルという名のバンドは知らなかった。 特典映像のラーズ・ウルリッヒのインタビューによると、80年代半ばにそこそこ売れていたそうだ。
 映画では、ちょっと日本のことを美化しすぎの感がある。 ラウドパークでの出演は前座扱いで、アンビルのファンがどれだけ居たのか疑問だし、特典映像の映画公開後のライブは、アンビルの音楽性が認められたといよりイベントとして人が集まっただけのように思える。 しかし、アンビルのオリジナルメンバー2人の夢を諦めない生き方は本物だし強く心に残った。 なにしろ、50代のおっさんが涙を流しながらケンカするのだ。 熱いよ本当に。 毎日がつまらないと思う人には、一度みてほしい映画です。 私も元気をもらいました。 でも、あの二人のようには生きられないな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー」 [DVD&映画]

 以前、隕石を買ったアストロアーツonline shopで、ちょっと気になったDVDがこの「爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー」だ。 プラネタリウムと笑いというミスマッチな組み合わせは、内容が想像できなくて逆に興味をそそられた。 その時は、隕石が欲しかったのでスルーしたけど、その後もまだ気になっていたので、今回購入してみた。
 早速見てみた。 最初の「奈良では」の駄洒落で、このノリはちょっと無理かもと感じたけど、続けて見るとなかなか面白かった。 何よりサービス精神満載のお兄さんのキャラがいい。 それに、お笑いばかりでなく、ちゃんと星の知識も織り込んでいるので、プラネタリウム解説としても成立している。
 この星のお兄さん、もともと星に興味があった訳ではなく、体育大学出身で、スポーツ施設が充実しているホテルに就職したら、たまたまプラネタリウムもあって、星の解説をする事になったそうだ。 そして、現在の笑いを取り入れたスタイルに行き着いた。 自分の置かれた環境や仕事を楽しむ事の出来る、お兄さんのポジティブな姿勢には感心。
 と、まあ、まずまず面白かったのけど、60分で3990円と収録内容の割に値段が高いのが難点。 もうちょっと安ければなぁ。

爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー

爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「吉田類の酒場放浪記 其の1」 [DVD&映画]

 BS-iで放送中の人気番組「吉田類の酒場放浪記」 だが、我が家ではBSデジタルの受信装置が無いので、見る事が出来なかった。 だから、今回のDVDリリースには期待していたのだ。 
 番組の内容は、吉田類さんが酒場を渡り歩くだけ。 ただそれだけなのに面白い。 行く酒場はコの字カウンターしかないような大衆酒場がほとんどで、飲む酒も、ホッピーや焼酎でビールは贅沢品。 営業時間中の宴もたけなわ状態の中での取材なので、お客さんとのやりとりなどもあって微笑ましい。

吉田類の酒場放浪記 其の壱

吉田類の酒場放浪記 其の壱

  • 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
DVD&映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。