So-net無料ブログ作成

「マキタ 充電式クリーナ 10.8Vバッテリー CL107FDZW」を買った [DIY]

 昨年、マキタの10.8V仕様の、ドリルドライバーを買いました。

 品番は、"DF331DSHX"で、ドリルの取り付けはチャック式、
10.8Vのスライド式バッテリー仕様です。
 本体、バッテリー2個、充電器のセットで、これだけ買えば、
すぐに使えます。
 価格は、家庭用にはちょっと高く、18000円ほど。
 
 性能に問題は全くないのですが、ドリルドライバーは日常で、
そんなに使わないので、せっかくの高性能バッテリーが勿体無い。
 容量は、1.5Ahですが、22分で急速充電できます。

 そこで、見つけたのが、バッテリーを共用できる、掃除機です。
 マキタのコードレスクリーナーは、評判がいいですよね。
 バッテリーと充電器は、持っているので、本体だけを買うのですが、
これが6000円ほどと、とても安い。
 迷わず購入しました。

 しばらく使ってみましたが、音がちょっとうるさいけど、コードレス
なので、取り回しが楽です。
 パワーも3段階に調整できて、標準だとかなり持ちます。
 ゴミ捨ても、紙パック式なので簡単。

 マキタの工具を購入して、バッテリーが余っている人は、買うと
便利ですよ。

 買ったクリーナの品番は、"CL107FDZW"
 本体のみで、バッテリー、充電器、別売りです。



マキタ(Makita) 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW

マキタ(Makita) 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW

  • 出版社/メーカー: マキタ(Makita)
  • メディア: ホーム&キッチン


こちらは、バッテリー、充電器、付属です。

nice!(0)  コメント(0) 

光のパンチングボードで工具収納 [DIY]

 雑誌で、パンチングボードで工具をカッコよく収納している、部屋を
見て、憧れていました。
 そこで、Amazonでも、取り扱っている”光”というメーカーの製品を
使って、自分なりに、パンチングボード収納に挑戦してみました。
 ボードもフックも”光”で揃えれば、サイズ違いを気にすることも
ありません。

 まず最初に買ったのが、光 パンチングボードキット 白 約300×600mmです。
(画像なし)
 内容は、パンチングボードフレーム付x1 フックBx4 フックCx1 5連フックx1
石膏ボード用留め金具x4セット フックT中x2 アクリル棚板透明x1、です。
 全部そろっているので、便利かと思って選びましたが、後で考えてみると、
自分には不要なパーツも入っていたので、バラで買っても良かったかも。
 都合2セット買いました。

 自分に不必要だったのが、石膏ボード用の留め具と5連フック。
 留め具は、ボードの設置を、上から鎖で吊り下げる方法をとったので、
不要だった。
 5連フックは、場所を取り、スカスカになってしまうので使えない。
hikari1.jpg
5連フックは、こんなにスペースをとります。


 その他のパーツは使えたけど、やっぱりフックが不足するので、
追加で購入しました。
 その場合に悩むのが、”U型””L型”の違いです。
 わからないので、私は両方買っちゃいました。
 画像を見てもらえば早いけど、結論から言うと、どっちもあまり
変わらないです。
hikari2.jpg
左から、セットに付属のもの、U型、L型です。
U型とL型には、脱落防止の留め具が付属しています。
 


 そんなこんなで、パンチングボード収納に挑戦してみましたが、
まだまだ、カッコよくはならないです。
 これから、じっくり取り組まなくては。

 まだ途中ですが、今の状態の画像をアップしておきますね。
hikari3.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

「CAINZ 3.6V充電式 ミニドリル&ドライバー WDC-02CZ」レビュー [DIY]

 ホームセンターのCAINZに行ったら、オリジナルブランドの小型
ドリルドライバーが、2580円(税抜き)だったので、思わず買って
しまいました。

 この手の小型ドライバーは、ボッシュの 「IXO5」が有名で、評判
も高いですね。
 実は、私も以前購入してたのですが、父親に貸し出し中で、手元に
ないので、その代わりにならないか、と思いました。

 さて、パッケージを見ると、中国製で、輸入元は”株式会社高儀”
 高儀は” EARTH MAN”ブランドで、安価な電動工具も取り扱ってます。

 内容物は、本体と六角軸ビット(ドライバー +NO1,+NO2 木工ドリル
2.5mm,3mm,4mm)、そして充電用のACアダプターです。
 汎用の6.35mmのビットが使えるのは便利。
 バッテリーは3.6Vのリチウムイオン電池。
 ネジの締め付けを調整する、クラッチ機能はありません。

 試しに、手元にあった14mmのパイン集積材に、4mmの穴を開けて
みましたが、時間はかかるものの、問題なく開けられましたし、36mm
のコースレットも使えました。

 この、ドリルドライバーの問題点は、回転数。
 安価な製品ですので、回転数が変えれません。
 200回転/分の回転数は、ネジの締め付けに適した速度ですが、ドリル
で、穴を開けるのには遅すぎます。
 ドリルを使うなら、600回転/分以上が欲しいところ。

 本格的な、ドリルドライバーは、HiとLowの切り替えや、トリガーの
引き具合で回転数を変えることができます。
 ボッシュのXIO5は、ドリルアダプターを使うことで、回転数を
215回転/分→440回転/分にしています。

 あとは、細かいことですが、ドライバービットが帯磁していればなお良
かった。
 完璧ではないけれど、価格の割には、頑張っているのではないでしょうか?

ca-dri1.jpg
パッケージはこんな感じ


ca-dri2.jpg
内容物はこれだけ


nice!(0)  コメント(0) 

図工室の椅子が欲しい [DIY]

 つい先日、スチールラックに木製の棚を増設しようと、サイズに合うように、板をノコギリで切っていた。 久しぶりに、ノコギリを使ったので、まっすぐ切るのにも一苦労。 まあ、それはなんとかなったが、その時に、作業台があると便利ではないかと思ったのだ。 

 作業台として、第一候補に挙がったのが、”アルミ製の縁台” サイズも豊富で、価格も安く、入手も容易なので良い。 そんな訳で、縁台の購入に気持ちが傾いていたのだが、別の良い物を見つけてしまった。
 それは、BE-PAL6月号の新連載”井ノ原快彦の作る椅子”で紹介されていた、”図工室の椅子” その名の通り、昔懐かしい、学校の図工室にあった椅子だ。 これなら、作業台にも使える。

zukou.jpg
こんな椅子(株式会社コマイHPから転載)

 ネットで調べてみると、価格は、新品で1万円ほど。 小洒落た古道具屋さんでも、中古品がたまに売っているようだ。 しかし、BE-PALの記事を参考に自分で作る事も可能。 ここは一つ、勉強のためにも作ってみようかと思う。

BE-PAL (ビーパル) 2014年 06月号 [雑誌]

BE-PAL (ビーパル) 2014年 06月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/05/10
  • メディア: 雑誌



タグ:椅子 図工室

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。