So-net無料ブログ作成

「大島てるの 絶対に借りてはいけない物件」 [読書]

 今回の本は、事故物件サイトで有名な「大島てる」の協力で書かれたもの
です。

 事故物件というと、自殺や殺人、火災による死、孤独死などが思い浮かび
ますが、本書は、欠陥住宅や空き巣に狙われやすい、放火されやすい、住民
のモラルが低い、など、広い意味でとらえています。

 なので、事故物件に関する、おどろおどろしい話などではなく、実際に
部屋を借りるときに、どのような事に注意したほうが良いかとか、悪徳
不動産屋の手口、法律上の知識が紹介されている、実用書といっていい本
です。

 でも、取り上げられているトラブルの例は、怖いものばかり。
 特に、一人暮らしを始めようとする人は、読むと参考になるかも。


事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2015/01/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

宝島社ムック「宇宙図」 実は初心者向けではない? [読書]

 「宇宙図」は文部科学省が進める科学ポスター「一家に1枚」
シリーズの第3弾として、企画・制作されました。

 今回のムック本は、A2サイズの「宇宙図」ポスターと、解説
が書かれた書籍で、構成されています。
 取り扱う範囲は、”宇宙についてわかったこと、全部!”と膨大な
知識を、1枚のポスターにまとめています。

 本の方で、宇宙の始まりや、物資の起源、星の一生、素粒子など、
詳しく書いたら、一項目で一冊の本になってしまうような内容が、
ごく簡潔に説明されています。

 私は、天文関連の入門書を何冊か読んでいて、NHKのコズミック・
フロントNEXTなどを見て、それなりに、予備知識を持っていますが、
完全には理解できなかった。
 
 ムックの価格が550円+税、と格安なので、興味のある人は買って
みるといいかも。
 しかし、内容はかなりハード。
 分からないことは、ネットで調べたり、関連書籍を読んだりする
きっかけになれば、いいと思います。


宇宙図 宇宙が生まれてから、あなたが生まれるまで【A2判特大ポスター付き】 (TJMOOK)

宇宙図 宇宙が生まれてから、あなたが生まれるまで【A2判特大ポスター付き】 (TJMOOK)

  • 作者: 宇宙図制作委員会
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2018/07/18
  • メディア: ムック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

「星の文学館」 和田博文・編 [読書]

 今回の本は、ちくま文庫オリジナルのアンソロジーです。
 ちくま文庫のアンソロジーは、なかなかいいものが多くて、読み
ごたえがありますよね。
 
 以前にこのブログで、”貧乏”を題材にしたマンガのアンソロジー
も紹介しました。

 今回の本のテーマが、”星”ということで、星好きを自称する、私が
読まないわけには、いきません。

 内容は、星をテーマにした、軽いエッセイや短編小説です。
 不勉強ながら、全然知らなかった作家や、子供の頃に読んだことがある、
有名作、宮沢賢治の「よだかの星」までと様々。
 
 印象に残ったのは、尾崎喜八の「湖畔の星」に引用された、大学者の
言葉「ア・リトル・アストロミー(ちょっとした天文学)」です。
 どのように使われた言葉かは、実際に本を手にとって、読んで欲しい
のですが、星を見て楽しめる生活っていいな、と感じました。
 
 この本と対になる、「月の文学館」も同じ、ちくま文庫から同時に
出ています。
 暇を見て、こちらの方も読みたいと思います。



星の文学館 (ちくま文庫)

星の文学館 (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: 文庫


いい本です。



月の文学館 (ちくま文庫)

月の文学館 (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: 文庫


こちらも読みたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

雑誌が好きな人は「マガジンラック」を買うべき! [読書]

 今時、紙の雑誌を定期購読している人は、少数派だとは思います。
 でも、私は、雑誌が好きなので、毎月、買っていますよ。

 そんな雑誌ですが、台所の使っていない椅子に、何ヶ月分か積んで
おいたら、家族から邪魔だと、苦情がありました。
 自分自身でも、積んである雑誌の中から、読みたいものを見つけ、
引っ張り出すのは、一苦労。
 
 何か、解決方法はないかと、思案すると、「マガジンラック」を
買ってみたら、もしかすると、うまく整理できるのでは、と、思い
当たりました。

 どれが良いのかわからないので、Amazonで人気の
「アイリスオーヤマ マガジンラック メッシュメタル ホワイト MMT-30M」
を買ってみました。
 価格は、3000円ほど。

 正直、あまり期待をしていなかったのですが、設置してみると、
台所のテーブルの下に、ちょうど収まって、いい感じ。
 4段のラックですが、一つの段に雑誌5冊ぐらいが入ります。
 ただ、いちばん下の棚は、仕切りが低いので、大判の雑誌は
倒れてしまいます。

 雑誌の出し入れも、スムーズになるし、収納量もかなりあるので
とても便利。
 雑誌の収納に困っている人は、買ってみるといいですよ。


mag-stand1.jpg
こんなに、綺麗に収まります。


mag-stand2.jpg
一段に、雑誌5冊ほど入ります。



アイリスオーヤマ マガジンラック メッシュメタル ホワイト 幅30×奥行22×高さ61.5cm MMT-30M

アイリスオーヤマ マガジンラック メッシュメタル ホワイト 幅30×奥行22×高さ61.5cm MMT-30M

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「大統領の演説」 パトリック・ハーラン [読書]

 テレビでおなじみの”パックン”こと、パトリック・ハーランさんですが、
日本語が上手いだけではなく、ハーバード大を卒業している、インテリ
としても、知られていますよね。

 本書は、そんなパックンが、アメリカ大統領の演説を紹介しています。
 ただ、紹介するだけではなく、そこに込められた、スピーチのテクニック
や時代背景も解説していて、とても勉強になります。

 スピーチのテクニック面では、信頼を与える”エトス”、感情に訴える”パトス”、
そして、知性に訴える”ロゴス”をうまく使うことや、
”ポジティブ→ネガティブ→ポジティブ”の構成が、伝わりやすいなど
実践的な内容です。

 しかし、この本でよかったのは、スピーチをした大統領の経歴や
時代背景、アメリカ国内での評判や、パックン自身の評価も書いて
あったこと。
 アメリカ人にとって、戦争の”war"はプラスイメージだという
ことも、初めて知りました。
 人種差別が、未だに根深いことも意外だった。

 また、日米関係にとって避けることのできない、フランクリン・
ルーズベルトの”パールハーバー演説”や、オバマの広島でのスピーチ
も興味深かった。

 内容盛りだくさんで、実際のスピーチの原文と日本語訳も載っています。
 スピーチのテクニックだけでなく、アメリカの歴史を知りたい人にも、
オススメです。


大統領の演説 (角川新書)

大統領の演説 (角川新書)

  • 作者: パトリック・ハーラン
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「一度太ると なぜ痩せにくい?」 新谷隆史 [読書]

 今回は、食欲と肥満を研究している、研究者が書いた、本です。

 まず、第1章では、肥満によって引き起こされる、糖尿病、高血圧、
高脂血症などの、仕組みや危険性が解説されています。
 聞いてはいたけど、なかなか恐ろしいです。

 第2章では、美味しさを感じる仕組み、味覚、嗅覚や、五感を通し
て、脳が美味しさを感じていることが書かれています。

 第3章で、食欲が生まれる仕組みが書かれていますが、これが
さらに恐ろしい。 
 脳の”報酬系”と言われる、”ドパミン”という物質を放出して快楽
を引き起こす器官があるそうです。
 ニコチンやコカインなどの、依存症の原因にもなるのですが、
砂糖や脂質でも、”報酬系”を強く活性化させるとのこと。
 肥満の原因は、脳の依存症でもあったのです。

 第4章で、肥満を防ぐ方法も書かれていますが、最新科学の見地
から、導き出された画期的な方法が、あるわけではありません。
 野菜を食べようとか、朝ごはんはちゃんと摂ろうとか、従来から
言われている、健康法ばかりだったのが残念。

 全体を通してみると、知識ゼロでも、最初から読めば、食欲、肥満
と、脳の働きが理解できるようになっていて、面白く、親切です。

 ダイエットをしてもリバウンドが起こる理由が、今までは、脂肪と
一緒に筋肉も落ちてしまうので、基礎代謝が減って太りやすくなる
という、説が有力でした。
 しかし、本書で、脳の知覚が、大きな原因になっているという説は
新鮮です。

 あと、”猫は甘みを感じない”など豆知識も豊富です。
 最近、自然科学の本も多い、光文社新書は頑張ってるなー。


一度太るとなぜ痩せにくい? 食欲と肥満の科学 (光文社新書)

一度太るとなぜ痩せにくい? 食欲と肥満の科学 (光文社新書)

  • 作者: 新谷隆史
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2018/07/18
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

第2特集が山と食欲と私「山と渓谷 9月号」 [読書]

 漫画「山と食欲と私」が好きで、よく読んでいますが、8巻の巻末の
”やましょく通信”で、「山と渓谷 9月号」に、特集が組まれるそうな
ので、買ってきました。

 「山と渓谷」は、硬派な登山雑誌なので、私とは、今まで全く接点が
なく、今回初めて手に取りました。
 カラーページが多く、思ったより読みやすい本です。

 期待した、特集ですが、20ページほどの、あっさりしたものでした。
 漫画のファン向けというよりは、「山渓」読者に、どんな内容なのか
紹介することが、メインのようです。

 それでも、鮎美ちゃんが、作中で歩いたルートを、実際に登ってみる
企画は、面白かった。
 漫画の中での、何気ない、山頂や風景のカットが、ちゃんと、取材して
描かれたものだと、知ることができてよかったです。

 残念だったのは、書き下ろし漫画が、見開き2ページしかなかったこと
と、作者のインタビューが1ページだけだったこと。
 もう少し、読みたかった。

 特集はあっさりしていましたが、雑誌や新聞の面白さは、自分の興味の
ない記事も載っていることでしょう。
 たまたま読んだ記事で、新たな発見があったり、新しい趣味を始める
きっかけになったりします。
 ネットも便利ですが、紙媒体の情報に触れるのも、悪くないです。




知らないことばかりで、勉強になります。



山と食欲と私 8 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 8 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 信濃川 日出雄
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: コミック


やましょく最新巻はこれ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

小学館の図鑑 NEO「飼育と観察」 [読書]

 昭和の小学生の、夏の遊びの定番といえば、虫捕り、そして
それを飼育することでした。
 今時の子供は、虫嫌いが多くて、カブトムシやクワガタさえ
敬遠されるそうですね。

 今回買ったのは、様々な生き物の飼育方法が書かれた図鑑です。
 本当に幅広い種類の生き物が紹介されていて、昆虫から水辺の
生き物、犬、猫、ハムスターや花、野菜まであります。
 しかも、図鑑なので、カラーで写真も豊富でわかりやすい。

 小学生の時に、この本に出会っていたら良かったのにと思い
ますよ。

 自分で採取した、生き物を飼うのが面白いのですが、最近は
なかなか難しいですね。

 まあ、生き物を飼っても、結局は死なせてしまいます。
 でも、その過程で、生き物の生態や、命の儚さを感じることが
できれば、と思いますが、そうもいかないでしょう。
 子供時代の自分も、あまり深く考えていた、わけではないからなー。

 この本は、生き物に、興味がある小学生にオススメです。
 もちろん、大人が見ても勉強になります。

小学館の図鑑NEO 飼育と観察

小学館の図鑑NEO 飼育と観察

  • 作者: 筒井 学
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/07/08
  • メディア: 大型本



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「上達の技術」 児玉光雄 [読書]

 本書は、勉強やスポーツや趣味で、効率よく上達する方法が、
科学的根拠に基づいてに書かれています。
 サイエンス・アイ新書におなじみの、基本的に、左に文章、
右にイラストという構成。

 楽して成果が出せる裏技が、書いてあるわけではないです。
 基本は、繰り返し練習をすること。
 練習をすることで、脳内に経験値として蓄積され、それで様々な
場面に対処できるようになるのです。
 上級者も必ず通る道です。

 さらには、集中力を高めたり、記憶の仕方や、モチベーションの
持ち方、創造性の鍛え方など、広い範囲で書かれています。
 しかし、個々の内容は、簡潔な説明があるだけなので、もっと深く
知りたい人は、巻末にある参考文献などを読むといいかも。

 簡単なトレーニング方法も書かれているので、試してみると面白い
ですね。


上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 児玉 光雄
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2011/04/16
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

「「超」独学法」 野口悠紀雄 [読書]

 著者の野口悠紀雄さんは、バブルの時代に「「超」整理法」という、
情報整理術の本が、ベストセラーになりました。
 その後も「超」とつく、著作が多くありますが、今回は”独学法”です。

 勉強を続けるのは、世の中の流れが変わっていくのに、ついていく
ためだそう。
 時代も変わって、会社組織に依存するのではなく、どこでも通用する
実力を磨くことが必要だそうです。
 人生100年時代に備えて、常に勉強を続ける必要があるとも。
 そのための、独学です。

 海外の独学で大成した、著名人の紹介が面白かった。
 シュリーマン、フランクリンあたりは知っていたけど、リンカーンや
カーネギー、フェルマーやライプニッツなどの例は参考になりました。

 独学もインターネットの普及で、かなり選択の幅が広がって、どんどん
利用するように奨励しています。
 ただ、検索エンジンによって、情報が偏ることの問題にもふれています。

 本を読むのが好きでも、勉強が苦手な私ですが、ちゃんと勉強しなきゃ
だめなのかなぁ。
 いずれも、系統立った知識や、スキルを獲得するのは、難しそうです。


「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)

  • 作者: 野口 悠紀雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/06/09
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。