So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ

「サッカーおくのほそ道」 宇都宮徹壱 [サッカー]

 今は、様々なスポーツの試合が、衛星放送やネットで視聴できますが、
一昔前までは、新聞、雑誌などの文字媒体でしか、結果や試合内容が
わからなかったものです。

 私は、本が好きなこともあって、スポーツエッセイをよく読みます。
 今回読んだ「サッカーおくのほそ道」は、華やかな海外リーグや
Jリーグではなく、JFLや地域リーグのチームを取材した本。
 
 帯には、”サッカー本大賞2017 大賞受賞”と書かれているので、期待
も高まりますよ。

 最初に、Jリーグを目指すチームにとって、JFLの門番と言われた
ホンダと佐川が取り上げられています。
 Jリーグに加入することを期待されながら、様々な巡り合わせで
不参加を決定して、多くの選手が流失したホンダの話は有名です。

 それより驚いたのは、佐川の事情。
 地域やスポーツ文化に貢献とか、Jリーグに上がることが、目標
ではなく、支社対抗のスポーツフェスティバル”社内大会”で強化の
ために作られたチームだったこと。
 社内の運動会のために作ったチームが、JFLまで上がるなんて、
すごい話です。

 JFLから、アマチュアとJリーグに上がりたいチームを分離して、
J3というカテゴリーができましたが、その是非や関係するチーム
の内情にもふれられています。

 映像やマスコミで報道されるものだけが、サッカーではない
のですね。
 スポーツ文化の奥深さと、それに関係する人々の熱意が感じら
れる、面白い本です、

サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ

サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ

  • 作者: 宇都宮徹壱
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「ぺろり!スタグル旅」(1巻&2巻) 能田達規 [サッカー]

 作者の能田達規先生といえば、以前、サッカーの2部リーグを題材にした
「オレンジ」という漫画を描いていましたね。
 当時としては、かなりマニアックで、サッカー愛に満ち溢れていて
サッカーファンの間でも話題になりました。
 そんな、能田先生の新作サッカー漫画!期待するしかないでしょう!

 この漫画は、リーグやチーム名称は架空のものですが、実在する
Jリーグチームを連想させる地名やネーミングを使用しています。
 2部リーグに所属するチーム”千葉ユニティ”の二人組女子サポーターが
アウェイ各地に遠征してスタジアムグルメを食すのが内容。

 この本を読んで、まず目につくのは、地方スタジアムへの移動の描写。
自家用車のロングドライブであったり、電車、飛行機、バス、はたまた船と、
日本全国に散らばるチームに遠征するのは、なかなか大変です。
 でも、スタジアムに着けば、応援しているチームのサッカーが観られるし、
スタジアムグルメもある!というのが、本書の趣旨。

 その土地の悪口は一切書いていないので、楽しく読めます。
 地元の料理屋をライブ会場でディスって、ネットで大炎上したミュージシャン
もいましたよね。
 土地の人が謙遜して「大したものじゃない」とか「何処にでもあるものです」
なんて言っていても、愛着があったり、誇りに思っているモノやコトってあるものです。
 自分も気をつけねば。

 人口も予算も少ない地方のチームは、アットホームでアウェイサポーターにも優しい
ようで、大都市のビッグクラブとは、また違った魅力がありますね。
 この漫画を読むと、ますます、サッカーが好きになります。

ぺろり!スタグル旅(1) (ヒーローズコミックス)

ぺろり!スタグル旅(1) (ヒーローズコミックス)

  • 作者: 能田 達規
  • 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ
  • 発売日: 2017/09/05
  • メディア: コミック



ぺろり!スタグル旅 (2) (ヒーローズコミックス)

ぺろり!スタグル旅 (2) (ヒーローズコミックス)

  • 作者: 能田 達規
  • 出版社/メーカー: ヒーローズ
  • 発売日: 2018/02/05
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

Jリーグ開幕! [サッカー]

 関心のある人は少ないと思うけど、Jリーグ2006年シーズンが開幕した。 今年はワールドカップイヤーなので、選手は代表に選ばれるようにJの場でアピールすることだろう。 だた、ワールドカップのためにJリーグが中断されるので、緊張感が維持できずグダグダになるかも。
 今節の我らがグランパスは、主力を怪我で欠く中C大阪に3-2でなんとか勝利。 ウェズレイ、マルケスが抜けて心配されたFWだが、先発した杉本と柏から移籍した玉田のツートップがなかなかいい感じ。 交代した豊田も得点したので、今年は期待できそうだ。 GKの川島もよかった。
問題点は、セットプレーでの守備。 2失点ともセットプレーでやれらている。 解説でもふれていたが、ゴール前をゾーンで守っているのがうまくいってないみたい。 これはちょっと不安。
 何はともあれ、地元に応援するチームがあるっていうのは幸せだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。